靴と関節痛の関係

運動をする際や中高年の人がウォーキングをする際に気をつけたいのは靴の選択です。
スポーツシューズであればなんでもいいという考え方もあります。
スポーツをする際には誰もが動きやすいスポーツシューズを考えるのですが、ウォーキング用となると無頓着な人が多いのも事実なのです。

 

まず靴選びの基本としては、土踏まずの部分に隙間ができず、自分の足の裏にぴったりになるものを選びたいものです。
だからといってオーダーメイドの靴を作ることは現実的ではありません。
スポーツ選手ならまだしも一般の人は靴は既成品で十分です。
ですがそうなってくると自分にピッタリの靴を選ぶというのはとても難しいものだといえます。
そのあたりは神経質にならずに自分の足の裏に近いものを選ぶだけで十分です。
その際は柔軟性のある靴を選ぶように心がけましょう。
靴というものは最初は自分に合わないなと感じてもはき続けているとそのうち自分の足にしっくりとくるようになるものです。
ですから靴ははき続けることが大事といえます。
そうすることによって自分の足にぴったりな靴を探しやすくもなるのです。

 

また関節痛が進行すると歩くのも困難に感じることもあるかと思います。
そのようなときも歩くことをあきらめてはいけません。
人目もあるでしょうけど杖を使うなどの対策を考えましょう。
杖を使ってまでも、と考える人も多いと思いますが関節痛の克服には杖を使ってでも歩くことが大切なのです。

関連ページ

腰痛と膝痛が関節痛の代表格
関節痛にもいろいろ種類がありますが、やはり腰痛と膝痛が代表格です。