問題はやっぱり腰痛と膝痛

関節痛と一口で呼びますが、それはひとつではありません。
いろいろ種類がありますが、一般的に関節痛にはその種類として腰痛や膝痛が代表的なものになります。
また肩こりなども関節痛になります。
関節痛の中でも比較的症状が軽いので関節痛という認識がない人も多いかと思いますが、肩こりもれっきとした関節痛なのです。
また、寝返りなどで寝違えて起こる痛みも関節痛といえます。
ただしこの寝違えた痛みは時間とともになくなるので関節痛の中でも症状は軽いと言えるでしょう。

 

問題は腰痛と膝痛ですね。
腰痛は多くの人の悩みの種なので他人事とはいえないでしょう。
これは人類の宿命ともいえるものなのでだれにでも腰痛になる可能性はあるのです。
腰痛についてはこれといった対処法が確率しているわけではありません。
腰痛は避けられない以上仲良くつきあっていくほうがいいということでしょう。

 

一方の膝痛はこれは肥満にならないことにつきます。
それと運動のしすぎは実は良くないということも覚えておきましょう。
運動は健康にはいいのですが、これは適度という言葉がつきます。
適度が過度になるとたちまち運動というものは健康を害するものになってしまうのです。
スポーツ選手で長生きの人は実はそれほど多くはないという統計があります。
これはあまり公にはならないのですが、識者の間でもある程度認められている説なのです。
ですから健康を考えるうえでも運動のしすぎはよくないということは、覚えておきましょう。

関連ページ

靴と関節痛の関係
靴選びの基本としては、土踏まずの部分に隙間ができず、自分の足の裏にぴったりになるものを選びたいものです。