関節軟骨の再生や抗老化療法など様々な治療法が…

関節痛が発症したとか、加齢とともに関節が硬くなったということはよく聞きます。
確かに関節痛は老化と無関係ではありません。
関節の中の関節軟骨が少なくなることで関節痛になることは広く知られています。
関節軟骨は骨と骨の間にある関節の中でも緩衝剤の役目をするものであり、この関節軟骨がなくなると骨が直接ぶつかりあうことで関節が炎症を起こし、それが関節痛に繋がっていくのです。

 

一旦関節痛を発症させると、関節軟骨が多くの場合で無くなっていることが多く、まずは関節軟骨を再び生成させることから始めなくてはいけません。
症状が重く、急がなければ行けない場合は手術による関節軟骨の人工的な生成となるのですが、その他の場合では食事療法などによる関節軟骨の生成が行われます。

 

また外科的なものではなく内科的な治療によっても関節軟骨の生成に当たることができます。
いずれにしても関節軟骨は消耗品でもありますし加齢とともに関節軟骨を構成するための栄養の吸収量も衰えてきます。
そうなってくると最近よく耳にするのがアンチエイジングです。
直訳すると若返りと言う意味になるようですが、医療的には抗老化療法ということになります。
若さを保つ努力は今に始まったことではありません。
昔であれば超常現象にも似た不老不死が標榜されてきました。
現在ではアンチエイジングなどで実年齢のわりに見た目の若い人が多く見られるようになったのです。
それでも一番大事なのは体の年齢が若いということが一番いいのは間違いありません。

関連ページ

関節痛と食事
関節痛の改善には、食事を通じて、軟骨や筋肉への栄養補給が重要になります。
関節痛の薬
関節痛の薬のは内服薬、外用薬があります。内服薬の中には、サプリメントと同じような成分が配合されている場合も…。
関節痛と運動療法
関節痛の保存療法の中でも運動療法は積極的な治療方法と考えれられます。
ストレッチ
体が硬くなったり関節の可動域が狭くなるのはストレッチをすることで回避することができます。
筋肉増強で関節痛を克服
筋肉増強で関節痛を克服。