関節痛の治し方について

関節痛とひとことでいっても、ヒザ、ヒジ、足首、腰などいろいろな部位があります。

そして、その原因もひとつではなく、いろいろな原因が考えられます。
当然、関節痛の治し方もひとつではありません。
病院で治療を受けたとしも、内服薬、外服薬、運動療法、手技施術、温熱療法など、症状に応じて様々な治療が選択されます。
このカテゴリでは、運動ストレッチによって身体をほぐす方法や筋肉を増強することで関節をサポートする方法、あるいは食事生活習慣によってサポートする方法など、自宅で自分でできる方法を中心にトピックをまとめてあります
実行にあたっては体調に注意し、一定期間行っても効果がない時には専門クリニックなどに相談しましょう。

 

手軽に自宅でできるデイリーケア
関節が気になる方向けサプリメント情報クリック!

関節痛の治し方記事一覧

関節痛が発症したとか、加齢とともに関節が硬くなったということはよく聞きます。確かに関節痛は老化と無関係ではありません。関節の中の関節軟骨が少なくなることで関節痛になることは広く知られています。関節軟骨は骨と骨の間にある関節の中でも緩衝剤の役目をするものであり、この関節軟骨がなくなると骨が直接ぶつかりあうことで関節が炎症を起こし、それが関節痛に繋がっていくのです。一旦関節痛を発症させると、関節軟骨が...

関節痛の改善には、食事を通じて、軟骨や筋肉への栄養補給が重要になります。軟骨の材料たるコンドロイチンやグルコサミンを、以前にもまして摂るように心がけるのです。例えば、コンドロイチンは、ムコ多糖類の一種で、関節軟骨の3分の1程を占める成分です。ヤマイモ、昆布、オクラなどの食品に多く含まれています。体内でも生成されるのですが、20代半ばから生成能力が低下していくので、食事で欠乏していく分を補うことは、...

膝や腰の痛みが長引き、関節痛を何とかしてくれということで、整形外科や内科を受診すると、いろいろな種類の薬が処方されることが多いものです。湿布、軟膏、坐薬など、形状的にもバラエティーに富んでいます。ただ、それだけだと不安が残る場合があるので、さらにサポーターでしっかり固定できれば万全です。まず、内服薬は、飲むことで関節痛を緩和させようというものです。基本は、鎮痛作用や抗炎症効果を見込んだものですが、...

関節痛の基本的な治療としては、その原因を特定して治療を開始する方法をとります。その治療方法は大きく分けて、保存療法と手術療法にわけられます。保存療法は、手術療法の対比で手術をしないで治療を行う方法です。一般的に手術をしなければ全て保存療法ということがいえます。その中でも効果的であるのは運動療法でしょう。関節痛だからといって体を動かさなければ関節痛はどんどん進行していきます。そしていずれは関節が固ま...

関節痛がひどくなったとか、体が硬くなったという人は多いと思います。これらも老化や加齢の影響が強い減少ですが、年齢にかかわらず、関節にまつわる悩みを感じている人はことのほか多くなっているようです。長い間健康ブームが叫ばれていて誰もが健康に熱心な時代といわれています。その一方で体を動かさない人はまったく動かさないような人もいるのです。よく動くようにしている人でも通勤は自動車や電車、バスでしょうし、職場...

スポーツ選手の間では関節の痛みを和らげるため、あるいは関節痛の予防のために関節の周りに筋肉をつけるといった運動療法をとりいれることがあります。特に膝の関節は日々酷使されるために一番痛みを感じるところです。一般の人でそうなのですから、日々体を動かしているスポーツ選手にとっては膝の痛みは選手生命にもつながってきます。事実、スポーツ選手の中では膝の痛みや劣化を克服できずに現役を引退する人が多いのです。と...