関節や骨によい栄養

関節は骨と骨との間の接合部で体を動かすためにもっとも重要な部位といえるのです。
このように骨と骨の接合部ですから、それと合わせて骨を丈夫にしておくことも必要になってきます。
特に骨に大切なのはカルシウムです。
これは骨の主要成分ですから当然といえば当然のことです。
カルシウムは牛乳やチーズ、そして小魚などに多く含まれています。
これらを日常的に食べることはカルシウムの摂取量を増やし、それが骨の生成に大きく役立ってくるのです。
また、広く知られているのが、カルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDです。
ビタミンの中ではあまり表に出ることの少ないビタミンDですが、カルシウムの摂取という面ではとても重要な働きをしてくれます。
このビタミンDもカルシウムの摂取と合わせて積極的に取りたい栄養素なのですが、ビタミンDはイワシ、サンマ、カツオ、サケなどの魚類に多く含まれています。
ですのでこれらの魚をよく食べてビタミンDの摂取に努めましょう。
また、ビタミンDは太陽の紫外線に当たることで合成されます。
日焼けには十分注意しながら太陽光に当たる時間も一日のうちで取りたいものですね。
それほど多く当たる必要もありません。
散歩程度でも十分ですし、ビタミンDは普通に生活している中で補えることのできる栄養素です。
それほど日々気をつけなくても大丈夫といえるでしょう。

関連ページ

関節痛のサプリメント
関節痛も医者に行くほどでない場合はサプリメントを試すことも選択肢かもしれません。
関節痛に対してのサプリメントの効果とは?
関節痛の予防などによい成分をサプリメントで摂るという方法はアメリカ生まれ?
関節痛向けサプリメントの口コミ
関節痛に対応したサプリメントについての口コミでは、軟骨成分でもあるグルコサミンやコンドロイチン配合のものに、高い評価が寄せられています。
関節痛サプリメントの比較
関節痛に対応したサプリメントは成分で比較する?それとも分量?メーカーの信頼度?。