座り姿勢が原因の腰痛や肩こりも

仕事の関係で一日のほとんどを椅子に座って仕事をするといった人もいることでしょう。
そのような人達は座っているときの体勢がとても重要となります。
椅子に座るときの体勢の大事な点は、深く座ることの一点につきます。
そして背筋を真っ直ぐに伸ばすことです。
座って仕事をして気持ちが集中し始めるとどうしても体勢が前傾姿勢になってきます。
前傾姿勢になるとどうしても椅子に浅く座ってしまうようになるために脊髄の基本的な形であるS字のカーブが崩れていってしまうのです。
体勢がくずれてしまうと体のどこかに負担がかかってしまいます。
そしてその負担が腰痛や肩こりといった関節痛となって体の痛みを伴ってくるのです。
ですから長時間座って仕事をしなくてはいけない人は座っているときの体勢がとても大切になってくるのです。

 

また体勢も大事ですが、座る椅子の選択にも気をつけたいものです。
まず、椅子の高さですが深く座ったときに膝が座った面よりより少し高くなるくらいが望ましいです。
かといって高すぎてもいけませんから、そのあたりの微妙な感覚は実際に座ってみて確かめるようにしましょう。

 

逆に低すぎる場合は、座布団やクッションなどを利用して高さの調節を行います。
オフィス用の椅子は高さの調節ができるものがほとんどでしょうからそれほど高さ調節には困らないかもしれません。
いずれにしても椅子も関節痛には重要な要素を占めているといってもいいでしょう。

関連ページ

よい姿勢で関節痛を防ぐ
関節痛を和らげる方法としてもっとも基本的なことは姿勢です。
枕と関節痛の関係
睡眠姿勢も関節痛の原因になることがあります。たとえば枕はあなたに合っていますか?
不自然な姿勢と関節痛
関節痛は体の不自然な動きによって起こることもあります。
睡眠姿勢と関節痛
1日の3分の1の時間を費やす「睡眠」は関節痛に結びついています。