枕と関節痛の関係

寝起きなどに首や肩に張りができたり、必要以上にこっていることを感じたことはないでしょうか。
多くの場合それは寝違えることでおこることが多いです。
人はつかれているときはどのような体勢になっても起きないものです。
それがとても不自然で起きているときはとてもそのような体勢にならないというような状態も寝ているときにはありえるのです。
そのようなことから寝ているときはとても無防備な状態といえるでしょう。
起きているときはどんなに関節痛などに気を使っていても寝ているときはどうしようもありません。
深い眠りが健康維持にはいいのですが、あまりにも深い眠りもこのようなときはいささか勝手が違うといえるでしょう。
それは寝ているときの体勢にもよります。
少しでも体勢を整えるためにも自分に合った枕を使用することが大切になってきます。
頭をホールドして無理な体勢にならないためにも枕が自分に合っているということはとても大切なことなのです。
このとき枕の大きさにも注意をしましょう。
枕の横幅は寝返りを打ったときでも頭が枕から落ちないくらいの幅がよいとされています。
また枕の建て幅は後頭部から肩先までをカバーできる大きさが大事です。
そして頸椎の湾曲に沿うような曲線のある枕がお勧めといえるようです。
枕の高さにも注意しましょう。
あまり枕が高いと首を痛めてしまいますし、低すぎるのも問題があります。

枕を使わないという方法も一時は言われたこともありましたが、それでは無意識で寝返りを打った際に首を痛めてしまいますので気をつけましょう。

関連ページ

よい姿勢で関節痛を防ぐ
関節痛を和らげる方法としてもっとも基本的なことは姿勢です。
腰痛や肩こりを防ぐ座り方
座り姿勢も腰痛や肩こりといった関節痛の原因になっています。
不自然な姿勢と関節痛
関節痛は体の不自然な動きによって起こることもあります。
睡眠姿勢と関節痛
1日の3分の1の時間を費やす「睡眠」は関節痛に結びついています。