関節が固まってしまう前に

関節痛や関節リウマチが進行する度合いは人によって様々な違いがあります。
それでも軽い炎症から始まり、その炎症が全身に広がって関節の破壊へと進んでいくのが一般的な経過といえるのは間違いありません。
その際の進行経過に合わせると、関節痛の薬を並行して服用することと、関節痛の進行による関節の変形を防ぐためのリハビリをしっかりと行うことが重要となってくるのです。
このうえさらに症状が進行する場合、この場合の多くは関節が固まって動かすことができなくなる場合が多いのですが、その際は手術に頼るしかないということになります。
これが関節痛や関節リウマチの大まかな治療の流れなのですが、まずは目標として手術に至る症状になるまでに関節痛の症状を緩和させることです。
これは簡単なことのように見えて難しい対策を迫られることになります。
というのもある程度症状が進むとその痛みからなかなか体を動かすことができなくなり、手術ありきの治療になってしまうことが多いからです。
手術をするとかなりの確率で症状は緩和されますが、その後のつらいリハビリがあるのは治療の段階で行うリハビリと一緒です。
そのようなこともふまえてしっかりとした治療計画やリハビリ計画を立てることが大事となるのです。
薬の服用も大事ですが、まずは体を動かすこと歩くことが大事なのはいうまでもありません。

関連ページ

関節リウマチとは
一般的にいわれる関節リウマチは加齢とともに中高年以降の人に多く現れる症状です。
関節リウマチの症状
関節痛や関節リウマチの症状の進行が病院で受診するきっかけになる多くのケースなのですが、朝に自覚されることが多いようです。
関節リウマチの診断
関節痛は膝や足首、腰や手首、指や肘など全身に現れ、時に発熱も伴います。その原因や対応する薬、おすすめのサプリメントなどをリサーチしてまとめました。
関節リウマチと遺伝
身内で関節リウマチに悩まされている人がいれば本人も関節リウマチにかかる可能性が高い?
関節リウマチの治療薬
関節リウマチの炎症を抑える薬で、抗リウマチ薬が多く使われるようになりました。