関節リウマチの治療に使われる薬

一旦発症すると激痛で知られる関節リウマチですが、その激痛はどのようにしたら取り除くことができるのでしょうか。
まずは病院に行くことが一番であることは間違いありません。
病院では痛み止めの薬をもらうこともできます。
しかしその痛みを和らげることは一時的なものですから、薬が切れれば元の激痛が再び始まってしまうのです。

 

痛みと言うものは関節痛、とりわけ関節リウマチの中でもとくに辛いものです。
その原因の一つが関節リウマチの大きな特徴である炎症です。
そのためここ数年では、関節リウマチの炎症を抑える薬で、抗リウマチ薬が多く使われるようになりました。

 

抗リウマチ薬はその名の通りリウマチに効果のある薬ですが、効果が出るまでに多少の時間がかかることがわかっています。
それでも痛みに対する効果は実証済みで痛みを和らげさらには炎症をしっかり抑える効果があるのです。

 

ただし、抗リウマチ薬は痛みの緩和と炎症を抑える作用があるのですが、関節リウマチの根本的な解決に役立つ薬とはいえません。
抗リウマチ薬は関節リウマチの進行をストップされるものと考えたほうがいいのが現状なのです。
それでも今よりもひどくなることがないというのは大きな安心感に繋がることは間違いありません。
ですから、抗リウマチ薬は激痛に悩む患者さんに好んで使われている関節痛の特効薬といえるのです。

 

また、その一方で激痛に効果があるのはステロイドや非ステロイド抗炎症薬は、痛みを引き起こす元となる体内物質の働きを抑えてくれます。
もちろん薬だけに頼るだけではなく関節痛や関節リウマチでは体をしっかり動かすことが大事です。
痛いのに体を動かさなくてはいけないのはある面矛盾しているかもしれませんが、関節を動かさなくてはそこが固まってしまってからではさらに辛いリハビリをしなくてはいけなくなります。
そのためにもしっかりと関節リウマチに対することを行っていかなくてはいけないのです。

関連ページ

関節リウマチとは
一般的にいわれる関節リウマチは加齢とともに中高年以降の人に多く現れる症状です。
関節リウマチの症状
関節痛や関節リウマチの症状の進行が病院で受診するきっかけになる多くのケースなのですが、朝に自覚されることが多いようです。
関節リウマチの診断
関節痛は膝や足首、腰や手首、指や肘など全身に現れ、時に発熱も伴います。その原因や対応する薬、おすすめのサプリメントなどをリサーチしてまとめました。
関節リウマチと遺伝
身内で関節リウマチに悩まされている人がいれば本人も関節リウマチにかかる可能性が高い?
できるだけ動かす治療
関節リウマチは薬を並行して服用することと、関節痛の進行による関節の変形を防ぐためのリハビリをしっかりと行うことが重要です。