関節リウマチについて

関節リウマチは全身の関節に痛みや変形が症じる病気です。
その原因は、通常の関節痛と異なり、自己免疫の不全による疾患です。

関節リウマチ記事一覧

関節リウマチという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。単にリウマチとも呼ばれていますが、言葉に馴染みがあっても若い人にとってはそれがどういうものかという実感はわかないのが現状ではないでしょうか。リウマチは関節痛の一種という認識は間違いではないのですが、関節痛の中でも関節に炎症が起こる病気というのが正しい認識です。一般的にいわれる関節リウマチは加齢とともに中高年以降の人に多く現れる症状です。そ...

関節痛や関節リウマチの症状の進行が病院で受診するきっかけになる多くのケースなのですが、朝にその症状を自覚することが多いです。それは、朝起きたときに手がこわばった感じがするといったものや、足がぎくしゃくするといった症状です。寝起きの場合はずっと同じ態勢で寝ていることから、体がすぐに動かないことはよくあることです。寝起きと同時に飛び起きるのもやめたほうがいいのはそのためなのですが、体が動かないというこ...

関節痛の中でも関節リウマチは進行する病気として知られています。進行するということはどういうことかというとその名の通り症状がどんどん進行することに他なりません。ですから放置しておいても自然に治癒するということがありません。症状は悪くなる一方ですから、なるべく早い段階で関節痛などの症状を自覚して病院などで受診したほうがいいのです。病院では、いつごろ症状として自覚したのか、その症状はどのようなものだった...

関節痛や関節リウマチなどで病院で診察を受ける際に決まって聞かれることがあります。それは身内に関節リウマチの人がいるかどうかということです。人間の体の中には本来、細菌やウィルスなどの病原体から体を守るための免疫システムというものをもっています。そのような免疫システムの根本的なものは身内では同じものを持っていますから、身内で関節リウマチに悩まされている人がいれば本人も関節リウマチにかかる可能性が高いと...

関節痛や関節リウマチが進行する度合いは人によって様々な違いがあります。それでも軽い炎症から始まり、その炎症が全身に広がって関節の破壊へと進んでいくのが一般的な経過といえるのは間違いありません。その際の進行経過に合わせると、関節痛の薬を並行して服用することと、関節痛の進行による関節の変形を防ぐためのリハビリをしっかりと行うことが重要となってくるのです。このうえさらに症状が進行する場合、この場合の多く...

一旦発症すると激痛で知られる関節リウマチですが、その激痛はどのようにしたら取り除くことができるのでしょうか。まずは病院に行くことが一番であることは間違いありません。病院では痛み止めの薬をもらうこともできます。しかしその痛みを和らげることは一時的なものですから、薬が切れれば元の激痛が再び始まってしまうのです。痛みと言うものは関節痛、とりわけ関節リウマチの中でもとくに辛いものです。その原因の一つが関節...