老化と関節痛

人は誰でも加齢とともに骨や筋肉、またその周辺部位が衰えていきます。
老化は誰もが避けられない自然現象ともいえるものですから、個人差があるにしろ誰でも関節痛というものは現れてくるのです。
これは誰であっても止められないということはわかるでしょう。
それでも普段からの節制やトレーニングなどで老化の速度を遅らせることができます。
これにも個人差があるのですが、日々の運動や心構えなどで誰でも簡単に老化を遅らせることができるのです。
それはやはり長時間同じ態勢でいないということです。
誰でも動くのは億劫なものです。
それは加齢とともに動きたくないという気持ちはわかります。
しかしそうとばかりは言ってはいられないのです。
というのも人は動かないでいればますます関節痛は進行していってしまうのです。
関節痛というよりも関節そのものが動かないことによって固まってしまい、動かすこともできなくなってしまうといってもいいでしょう。
ですから動かないでいると関節の周りにある筋肉も小さくなってしまい、ますます関節を動かすのが億劫になってしまいます。
老化というものは全てがマイナスの方向に振れてしまうものです。
ですからどこかでそのような負の連鎖を断ち切らなくてはいけません。
そのためにもまずは動くことが大切になってくるのです。
腕や足を動かすこと、そして腰などにも負担をかけないようなウォーキングをこころがけるだけで誰でも老化の進行を遅くすることができるのです。

関連ページ

関節痛の原因
関節痛を引き起こす原因はひとつではありません。
関節痛と年齢
関節の中の軟骨成分は、加齢や酷使によって年齢とともにどうしても減ってきます。
関節痛と二足歩行
関節痛、特に腰痛は、二足歩行を選択した人類の宿命かもしれません。
肥満は関節痛の原因
肥満は関節痛を招くことはよく知られています。