関節痛の原因

関節痛の症状には痛みはもちろんのこと他には炎症であるとか、関節の動きの異常、そして関節の変形があります。
それではこれらの関節痛を引き起こす原因を見ていきましょう。

 

まず第一に挙げられるのは関節軟骨との関係です。
関節軟骨という言葉を聞いたことのある人は多いかもしれません。
言わずと知れているのが関節は骨と骨を繋ぐ役目をしているのですがその中心となっているのがこの関節軟骨なのです。
関節軟骨は直接骨と骨がぶつかるのを防いで円滑に動けるように関節の中でも常に中心として活躍しているのです。
この関節軟骨が少なくなってくると骨と骨が直接ぶつかってしまうので、関節痛やひどくなると炎症を起こしてしまうことになります。

 

実際の症状としては関節が痛くなったとかすでに炎症を起こしているといった症状であればとき既に遅しと考えてもいいでしょう。
というのも関節痛はその痛みが始まるときはすでに関節軟骨は悲鳴をあげています。

 

ですから痛みが出るまえに関節軟骨の摩耗などの減少を察知しなくてはいけません。

 

しかし痛みもないのに察知するのは大変です。
というよりも一般の人にはまず不可能です。
ですから気になることがあれば積極的に病院で診察を受けるようにしたいものです。
よく野球のピッチャーに出る症状で肩の炎症があります。
これももちろん関節痛の一種であることは間違いありませんし、ひどいときになると手術をしなくてはいけません、場合によってはそこで選手生命が終わってしまうこともあるのです。

関連ページ

老化と関節痛
関節痛は加齢によっても生じます。関節も老化するのです。
関節痛と年齢
関節の中の軟骨成分は、加齢や酷使によって年齢とともにどうしても減ってきます。
関節痛と二足歩行
関節痛、特に腰痛は、二足歩行を選択した人類の宿命かもしれません。
肥満は関節痛の原因
肥満は関節痛を招くことはよく知られています。