足首の関節痛は、症状に応じて治療方法もさまざま

足首の関節痛は、症状に応じて治療方法もさまざまです。
何れにしても、医師の診断を仰ぐのが第一です。
痛みをこらえるだけでは、足から始まって、腰や背骨にまで悪影響を及ぼすリスクを高めるだけです。

 

スポーツ選手を中心として、足首の捻挫は、比較的多く見られる症状です。
関節痛が重症化すれば激しい痛みに加え、患部が赤く腫れ、ついには歩行も困難になります。
こうした場合、骨折している可能性もあるので、早めに医師の診察を受けることが先決です。

 

また、アキレス腱炎も比較的多く見られ、激しい運動によって、足首に無理な負荷がかかるのが主な原因に挙げられます。
アキレス腱からふくらはぎにかけて、痛みや腫れが起こるのが特徴で、過度の運動や長時間の立ち仕事などの原因に加え、へん平足や足に合わない靴などが原因となって起こることもあります。
アキレス腱が完全に断裂している場合には、手術が必要となります。

 

他には、女性に多いのが、外反母趾です。
足に合わない靴を履き続けることで起こることが多く、足首にも相当な負担となっていることも多いものです。
ひどい場合、単なる関節痛で終わらず、リウマチや通風である可能性もあるので、病院でレントゲンや血液検査を受け、正確に診断してもらうことが大切です。

 

足首の関節痛の治療は、急性期にはアイシングなどで炎症を抑えることを主眼としますが、続く慢性期には、ストレッチなどの運動療法で、必要な筋肉をつけることも行われます。

 

また、足底挿板という中敷きを靴に入れ、足首の傾きを矯正して、関節痛を緩和する方法が採られることがあります。
重症の場合は、人工足関節置換術という手術が実施されることもあります。

関連ページ

関節痛・手首
手首付近に起こる関節痛には、比較的軽いものから手術が必要なものまでさまざま。
関節痛・膝
膝関節には、全身の体重が、そっくりかかってくることもあって、関節痛を起こしやすい部位です。変形性膝関節症や関節リウマチが代表的。
関節痛・肘
肘に現れる関節痛は、スポーツなどで偏った動作が習慣化した結果、過使用が原因となっていることが大半。