関節痛の部位記事一覧

足首の関節痛は、症状に応じて治療方法もさまざまです。何れにしても、医師の診断を仰ぐのが第一です。痛みをこらえるだけでは、足から始まって、腰や背骨にまで悪影響を及ぼすリスクを高めるだけです。スポーツ選手を中心として、足首の捻挫は、比較的多く見られる症状です。関節痛が重症化すれば激しい痛みに加え、患部が赤く腫れ、ついには歩行も困難になります。こうした場合、骨折している可能性もあるので、早めに医師の診察...

手首付近に起こる関節痛には、比較的軽いものから手術が必要なものまでさまざまです。後遺症が残らないよう、それぞれの症状に応じた処置が採られます。比較的スポーツ選手に多いのですが、一般人でも日常生活で、つい手をついてしまうことがあります。捻挫や骨折ともなると、それ相応の治療が必要になります。捻挫や骨折に対しては、基本的には安静が必要です。骨折であれば、患部とその周辺をギプスで固定し、できるだけ動かさな...

膝関節には、全身の体重が、そっくりかかってくることもあって、関節痛を起こしやすい部位です。変形性膝関節症や関節リウマチが代表的です。変形性膝関節症は、中年期以降の関節痛でも、最多であると目されます。加齢によりクッションの役目を果たす軟骨が擦り減り、痛みを生じるものです。ウォーキングなどの運動療法で関節に関連する筋力アップを図る他、食事やサプリメントで軟骨成分を補給し、肥満の人は減量するのも効果的な...

肘に現れる関節痛は、スポーツなどで偏った動作が習慣化した結果、過使用が原因となっていることが大半です。野球肘など、それぞれのスポーツ名を冠されることも多いのですが、肘内障、リウマチ、感染症などの可能性もあるので放置せず、整形外科など病院で診断・検査を受けることが必要です。軟骨組織や筋肉などの異常が原因となって起こる関節痛には、大きく急性期と慢性期に分けられます。多くは、特定のスポーツの特定のフォー...